このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

避けて通れない水合わせの方法

記事May 19th,2018
June 4th,2020
メダカなどの観賞魚を飼育する上で避けて通れない水合わせについて。

“水合わせ”とは?

#

“水合わせ”とは?

水合わせ”とはメダカなどの観賞魚をもともと入っている水から別の水に移す時に水温と水質を合わせ、移動先の水に慣らす作業の事です。水に棲む生き物にとって水は人間にとっての空気のようなものです。人間も暖かいところから急に寒いところに移動したりと環境が大きく変わるとストレスを感じたり、体調を崩したりすることもありますが、人間より繊細な観賞魚にとってこれが大きなダメージとなる場合があります。このダメージを緩和するために“水合わせ”をします。

#

水合わせの必要性

メダカなどある程度幅広い水温や水質に適応することができる魚もいます。しかし、これは穏やかに変化していった場合のことで、急な水温や水質の変化は体調を崩したり、最悪の場合死んでしまう原因になります。また、エビなどにはより繊細で些細な水温と水質の変化によって死んでしまうものもいます。このため、新たに購入した生き物を水槽などの飼育容器に入れる時や、飼育容器間を引っ越しさせる時には水合わせを行うことで徐々に水の違いに慣らしていく必要があります。

生き物が水質や水温の変化によってダメージを受けてしまった場合、生き物がすぐに死んでしまうことこともありますし、その時に受けたダメージによって徐々に弱って1週間程たった後に死んでしまうこともあります。

水槽で飼育する場合と同様にビオトープでも水合わせは必要です。特にビオトープは外にあるので生き物をビオトープに入れるときには大きな水温差が生じる場合があるので注意して水合わせした方が良いでしょう。

#

水合わせのポイント

水質を合わせる

水質は主に液性を測る“pH”で表されます。急にpHが違う水に生き物を入れた場合“pHショック”と呼ばれるショック状態になります。苦しむように激しく泳ぎまわったり、じっとして動かないのにエラだけを激しく動かして呼吸をしている場合は“pHショック”を起こしている可能性が高いです。このショック状態はほとんどの場合致命的なダメージになります。実際には“pH”だけでなく“硬度”などほかの要素も関係しますが、水合わせをして水質に慣れさせればショック状態になるのを防ぐことができます。

pH”は水素イオン指数を表す記号で溶液の液性を表します。pHが7付近の時は中性で7より小さいと酸性、7より大きいとアルカリ性です。一般的な溶液はpH0~14で表されます。

硬度”は水に微量に含まれるカルシウム塩やマグネシウム塩の量を表す数値のことです。カルシウム塩やマグネシウム塩が含まれる量が多い水を“硬水”、少ない水を“軟水”と呼びます。

水温を合わせる

水温が違う水に急に生き物を入れた場合もショック状態になる可能性があります。水に棲む生き物は人間よりも温度の変化に敏感で、人間があまり気にしない2~3度の温度の違いでも負担になってしまいます。ショック状態にならなくても体調を崩して後々病気になる原因にもなりますので水合わせをして水温に慣らすことも重要です。

水合わせ”は水質を慣らす作業のみを指して、水温を慣らすことを“温度合わせ”と呼ぶこともありますがこの記事ではまとめて“水合わせ”としています。

適した環境を確認しておく

メダカ、エビなど飼育したい生き物によって飼育に適した環境が異なります。飼育容器内の水の水質や水温がその生き物が適応できるものでない場合はいくら慎重に水合わせをしたところで生きていけません。必ずその生き物が適した水質(pHや硬度)と水温を事前に確認しておきましょう。

#

水合わせの方法

水合わせの方法で代表的なものは2種類あります。

浮かべ法
飼育水にビニール袋などに入れた生き物を浮かべて行う方法。

点滴法
生き物をバケツなどに入れてそこに飼育水を点滴のようにして徐々に入れて水合わせを行う方法。

それぞれの詳しいやり方については後述します。

“水合わせ”の方法

#

浮かべ法

“浮かべ法”とは?

浮かべ法”とはもっとも一般的な水合わせの方法で、生き物をもともと入っていた水とともにビニール袋や薄いプラスチック容器などに入れて、それを新たに入れる飼育容器の水に浮かべて水合わせする方法です。

熱帯魚店やペットショップで魚やエビ、貝などの生き物を購入するとだいたいビニール袋に水とともに入れられた状態で連れて帰ることになります。通販で購入した場合も同様の状態で届くのが一般的です。この袋を使って水合わせします。新たに購入した生き物でなくてビニール袋がない場合はプラスチックの容器やカップなどで代用できます。この場合ある程度大きく、薄く温度が伝わるものが良いです。

必要な道具が少なくて済みますが繊細な生き物の水合わせには手間がかかりますので、その場合は点滴法の方が適しています。

“浮かべ法”のやり方

Step1~プラスチック容器に生き物を入れる
生き物をその生き物がもともと入っていた水とともにプラスチック容器もしくはビニール袋などに入れます。新たに購入した生き物の場合は最初からこの状態です。
Step2~新しく入れる飼育水に浮かべる
プラスチック容器のまま新しく生き物を入れる飼育水に浮かべます。
Step3~水温を合わせる
30分ほどそのまま浮かべておくとプラスチック容器の中と飼育水の水温が同じになります。
Step4~水質を合わせる
プラスチック容器の水を5分の1ほど捨てて捨てた分だけ飼育水をプラスチック容器の中に入れます。プラスチック容器を飼育水に浮かべたまま10分ほど待ちます。
Step5~繰り返す
Step4”を5回ほど繰り返します。こうすることで徐々にプラスチック容器の中の水質は飼育水の水質に近づいていきます。
Step6~生き物を飼育水に入れる
プラスチック容器の中の生き物を飼育水に入れます。もともと自分で管理している別の飼育容器から生き物を移動させる場合はさほど問題はありませんが、新たに購入した生き物の場合はその生き物がもともと入っていた水に病原菌や寄生虫、スネールなど予期せぬ生き物が混入している可能性があるので、飼育容器に入れず捨ててしまった方が良いです。
Step7~完了
これで水合わせは完了です。新しい環境に慣れていないうちは餌を食べてくれない場合があります。餌の食べ残しは水質を悪化させますので気を付ける必要があります。
#

点滴法

“点滴法”とは?

点滴法”はエアチューブなどを使用して点滴のように少しずつ水質を合わせる水合わせの方法です。普通のエアレーション用のエアチューブを使用してできますが、点滴法用の水合わせキットも販売されていますので用意しておくと便利です。

必要な道具が浮かべ法に比べて多くなりますが、より慎重に水合わせをしたい場合は点滴法が適しています。

“点滴法”のやり方

Step1~水温を合わせる
浮かべ法”の“Step1”から“Step3”までと同様です。冬などに寒い部屋の中で時間をかけて水合わせをするとこの後また飼育水との間に水温の差ができてしまいますのでヒーターと水温計を使用して水温を管理します。
Step2~生き物をバケツに移す
生き物をもともと入っていた水とともにバケツなどの大きい容器に移します。水の量は多くてもバケツの容量の半分以下になるようにします。あまり水の量が多いと水合わせに時間がかかりますし、使用する飼育水の量も多くなります。複数の生き物を購入した場合など別々の水に入っている生き物の水合わせをする場合は一緒にせず、それぞれ別個に水合わせする必要があります。
Step3~水質を合わせる
エアチューブなどを使用して飼育水を徐々にバケツの中に入れます。1秒に1~3滴程度の流量になるように調整します。コックを付ければ簡単に流量を調整できますし、なければ洗濯ばさみなどでチューブを挟んで調整します。
Step4~繰り返す
プラスチック容器の水を5分の1ほど捨てて捨てた分だけ飼育水をプラスチック容器の中に入れます。プラスチック容器を飼育水に浮かべたまま10分ほど待ちます。
Step5~生き物を飼育水に入れる
浮かべ法”の“Step6”以降と同様です。時間をかけて水合わせした場合はバケツの中と飼育水の間にまた水温の差ができていないか気を付ける必要があります。
how to biotop
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク