このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

水道水で飼育水を作る~カルキ抜きの方法

記事May 18th,2018
June 4th,2020
水道水に含まれる塩素について。カルキ抜きして飼育水を作る方法。

水道水で飼育水を作る

#

水道水を使うメリット

メダカなどの観賞魚を飼育する上で必ず必要となるのが水です。飼育水を作るのに一番手軽なのは水道水で作る方法です。

水道水を使うのには以下のようなメリットがあります。

水質が安定している
日本の水道水は厳格に水質基準が決められており、年中が水質が安定しています。
液性が適している
メダカをはじめ多くの観賞魚は弱酸性~中性の液性を好みますが、日本の水道水の水質基準値はpH5.8~8.6で当てはまることが多いです。
硬度が適している
メダカをはじめ多くの観賞魚は軟水を好みますが、日本の水道水は多くの場合軟水です。
ミネラルが含まれる
観賞魚にとって有益なミネラルがほどよく含まれます。
家庭内で簡単に手に入る
蛇口をひねれば出てきます。
費用があまりかからない
水道料金はかかりますがボトルなどで水を購入するより安く済みます。

ただ、水道水には殺菌・消毒用に塩素が含まれており、微量なので人間が飲んでも問題はありませんが、観賞魚にとっては有毒になります。なので水道水で飼育水を作るにはカルキ抜きが必要になります。

#

水道水の“塩素”と“カルキ抜き”

水道水の殺菌・消毒には次亜塩素酸ナトリウムが入れられています。家庭に届く水道水には次亜塩素酸ナトリウムから生成した次亜塩素酸次亜塩素酸イオンなどが含まれており、これらがまとめて“塩素”と呼ばれています。この“塩素”を除去することを“カルキ抜き”と呼びます。

カルキ”とは正確には次亜塩素酸カルシウムのことでドイツ語でクロールカルキと呼ばれることから略して“カルキ”と呼ばれています。現在では水道水の殺菌・消毒には次亜塩素酸ナトリウムを使用するのが主流ですが、以前は次亜塩素酸カルシウムが使用されていました。なので正確には水道水に含まれるのは“カルキ”ではありませんが、その名残で水道水に含まれる“塩素”は“カルキ”と呼ばれ、これを除去することを“カルキ抜き”と呼びます。

また、家庭に届く水道水に含まれる“塩素”には“遊離塩素”と“結合塩素”があります。

遊離塩素”は次亜塩素酸次亜塩素酸イオンなどのことで強い殺菌・消毒作用がありますが、不安定で時間がたつと自然に分解されてしまいます。

結合塩素”は自然水に含まれるアンモニアなどの成分と遊離塩素が反応してできる成分のことで、殺菌・消毒作用は弱いですが遊離塩素よりも安定しており、長時間分解されることなく効果が持続します。

結合塩素の生成に必要なアンモニアなどの成分は微量のため水道水中に含まれる“塩素”はほとんどが“遊離塩素”です。

#

カルキ抜きの必要性

前述のとおり、水道水中の塩素は人間が飲むうえでは問題はありませんが、魚には有毒になります。理由は人間よりも塩素に対する抵抗力が弱く、エラから取り込まれた塩素が呼吸に必要なエラの細胞を破壊してしまうことや、体を保護している粘液が保てなくなくなってしまうからです。

また、水道水中の塩素は飼育水に含まれる水質を浄化するバクテリアも死滅させてしまいますし、水草も種類によっては塩素に弱いものもあります。

カルキ抜きするには?

#

カルキ抜きの方法

カルキ抜きには次のような方法があります。

汲み置きする
水道水をバケツなどに汲んで置くと半日から1日ほどでカルキ抜きした水ができます。
中和剤を使用する
中和剤を水道水に混ぜることですぐにカルキ抜きした水を作ることができます。

また、飲料用や生活用水をカルキ抜きする場合は以下のような方法もありますがその水を観賞魚の飼育に使用するには注意しなければいけない点があります。

煮沸する
遊離塩素は分解されますが、結合塩素は分解されません。また、短時間の煮沸ではトリハロメタンが増えてしまい、これを除去するにはかなりの時間煮沸しなければいけません。さらに水中に溶け込んだ酸素も蒸発してしまいますし、ミネラル成分も破壊されてしまいます。
浄水器を使う
家庭用の浄水器にはいろいろなものがあるので一概には言えませんが水道水に含まれる有益なミネラルなども除去されてしまいます。また、浄水器のフィルターに付着している抗菌成分が溶け出す場合もあります。

以下のようにもともと塩素が含まれていない水を使う方法もあります。

井戸水を使う
水道水と違い地域によって大きく水質が違うので、pHや硬度などを調べて飼育する観賞魚に適しているか確認しておく必要があります。
ミネラルウォーターを使う
井戸水と同様水質に注意が必要です。また、何よりお財布には優しくありません。
川、池などの水を使う
もともとその場で採取した魚を飼育するのであれば適していますが、予期せぬ病原菌、寄生虫などが紛れ込んでいる可能性があります。また、工場や家庭から出る排水が流れ込んで汚染されていたり、農薬が混入している場合もあります。
#

汲み置きで自然にカルキ抜きする

水道水をバケツなどに汲んでおき、日当たりがいいところに置いておくと日光に含まれる紫外線によって塩素が分解されます。水の量にもよりますが半日から1日ほどでカルキ抜きした水ができます。

日当たりが悪くても数日で遊離塩素は分解されますが、結合塩素の除去には一週間以上かかります。

#

中和剤でカルキ抜きする

中和剤を使用するとすぐに遊離塩素と結合塩素が分解された水を作ることができます。一般的な中和剤の主成分はチオ硫酸ナトリウムで、既定の量の中和剤を水道水に入れてよく混ぜ合わせることで塩素と反応して分解することができます。塩素を中和する効果以外にも重金属を無害化したり、ビタミンや魚の粘膜を保護する成分が含まれているもの、海水を作れるものなどいろいろな中和剤が販売されているので用途に応じて選ぶと良いと思います。

季節によって水道水に含まれる塩素の量は変わるので使用する量を調整する必要があります。中和剤を入れすぎると魚がチオ硫酸ナトリウム中毒になることもあるので多ければいいというものではありませんが、少しの誤差で問題になることは普通はありません。

中和剤をハイポと呼ぶこともありますが、これは次亜硫酸ナトリウム(sodium hyposulfite)という全く別の物質の略称で間違って浸透、定着してしまったものです。

#

カルキ抜きした水を飼育容器に入れる

カルキ抜きして作った水を飼育容器に入れる時には水温に気を付ける必要があります。夏場でも水道水は思いの外冷たいのでそのまま飼育容器に入れてしまうと水温が大きく変化してしまいます。水温の差が大きい場合は時間を置くかヒーターを使用して飼育容器内の水と水温の差ができないようにします。

また、水道水は塩素によって殺菌されているため、生物濾過に必要なバクテリアが含まれていません。飼育容器の水を変える場合あまり多くを水道水から新たに作った水と交換すると飼育容器内の濾過バクテリアの減少を招き、生物濾過が機能しなくなってしまいます。それを防ぐため、水換えをする場合は通常は飼育容器内の水の3分の1程度を入れ替えます。

how to biotop
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク